Go to Contents Go to Navigation

韓国・釜山市機張郡の昆布 初めて日本に輸出=高品質と評価

記事一覧 2020.01.18 10:30

【釜山聯合ニュース】韓国南東部・釜山市機張郡の特産品である昆布が初めて日本に輸出されたことが18日、分かった。

釜山市機張郡の昆布=(聯合ニュース)

 機張郡によると、輸出されたのは21トンで、輸出額は20万ドル(約2200万円)となり、日本のバイヤーから最高級の函館産昆布と同程度の品質と評価されたという。

 これまで機張郡の昆布は北米地域などへは多く輸出されていたが、日本に対しては日本で求められる規格と異なっていたため、輸出実績がなかった。 

 だが日本の規格に合わせた機械式の乾燥施設が韓国で開発され、輸出につながった。

 機張郡の関係者は、地形の特性上、機張の昆布は特有の味があるとし、「今後、機張昆布の輸出が拡大していくと期待する」と話した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。