Go to Contents Go to Navigation

韓国統一相 旧正月に合わせ拉致被害者らの家族訪問へ

記事一覧 2020.01.20 11:13

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の金錬鉄(キム・ヨンチョル)長官と徐虎(ソ・ホ)次官が旧正月(今年は1月25日)に合わせ、朝鮮戦争などで生き別れになった南北離散家族と北朝鮮に拉致されたか抑留されている被害者の家族を訪問する。

昨年、秋夕(中秋節)を迎え、離散家族らが行った共同祭礼で献花する金氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 徐氏は20日、北朝鮮に抑留されている被害者の家族や離散家族の自宅を訪れる。金氏は旧正月の25日に南北軍事境界線に近い臨津閣で開かれる離散家族らによる祭礼に出席し、焼香する。29日には北朝鮮に拉致された被害者の家族でつくる協議会側と面会する。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。