Go to Contents Go to Navigation

ロッテ創業者の冥福祈り各界から弔問客 文大統領は供花

記事一覧 2020.01.20 12:10

【ソウル聯合ニュース】ロッテグループ創業者の辛格浩(シン・ギョクホ、日本名:重光武雄)氏が19日に死去し、ソウル峨山病院内の葬儀場には20日午前も財界をはじめ各界関係者が次々訪れ、死を悼んだ。 

弔問を終えたサムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長(右側先頭)。すぐ後ろが辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)韓国ロッテグループ会長=20日、ソウル(聯合ニュース)

 20日朝、まず次男の辛東彬(シン・ドンビン、日本名:重光昭夫)韓国ロッテグループ会長が斎場に入った。続いて長男の辛東主(シン・ドンジュ、日本名:重光宏之)ロッテホールディングス(HD、本社・東京)元副会長も到着し、共に弔問客を迎えた。

 財界関係者としては最初に、サムスングループ経営トップの李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長が訪れ、故人をしのんだ。格浩氏のめいである韓進海運元会長の崔恩瑛(チェ・ウンヨン)氏の姿もあった。

 祭壇のそばには、文在寅(ムン・ジェイン)大統領や丁世均(チョン・セギュン)首相らから届いた供花が並んでいる。文大統領に代わり、青瓦台(大統領府)の金尚祖(キム・サンジョ)政策室長(閣僚級)が午後弔問するとみられる。

 また、現在病床にあるサムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)会長や、全国経済人連合会(全経連)の許昌秀(ホ・チャンス)会長、大韓商工会議所の朴容晩(パク・ヨンマン)会頭のほか、現代自動車、LG、ハンファ、LSなど主要グループトップの名前でも供花が届いた。

 葬儀は「4日葬」で執り行われ、22日午前に出棺。故郷の蔚山市蔚州郡に埋葬される予定。

 一方、格浩氏は遺言状を残していないとされる。この日、息子の東彬氏と東主氏が久々に顔をそろえて弔問客を迎えたが、2人はここ数年、経営権争いを繰り広げて疎遠になっている。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。