Go to Contents Go to Navigation

韓国空港鉄道 旧正月連休期間の終電延長へ

記事一覧 2020.01.20 16:14

【仁川聯合ニュース】韓国空港鉄道は20日、旧正月の連休期間に利用客の利便性向上を図るため終電時間延長などの特別輸送対策を講じると発表した。

空港鉄道の車内(提供写真)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 今回の対策により、旧正月当日の25日と26日に仁川空港第2ターミナル駅を出発する列車の終電時間を午後11時50分から午前1時15分に、ソウル駅出発の終電時間を午前0時から午前1時10分に繰り下げる。

 また仁川空港第2ターミナル駅を午後11時50分に出発する列車の終着駅をデジタルメディアシティ駅からソウル駅に変更する。

 ソウル駅を午前0時に出発する列車も、通常の終着駅である黔岩駅の先の仁川空港第2ターミナル駅まで運行する。

 空港鉄道は、海外からの旅行客の増加などに伴って今回の旧正月連休期間の鉄道利用客数が昨年の旧正月連休に比べ5.1%程度増加すると見通した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。