Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 32年五輪のソウル・平壌共催推進案を閣議決定

記事一覧 2020.01.21 16:50

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は21日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領主宰の閣議で、2032年夏季五輪の南北共同招致とソウル・平壌共催を推進するための計画案や幼稚園の公共性強化に向けた「幼稚園3法」などを含む法案2件、大統領令案23件、法律の公布案36件、一般案件2件を審議・可決した。

閣議を主宰する文大統領=21日、世宗(聯合ニュース)

 文大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)が18年9月の南北首脳会談に合わせて採択した共同宣言は、32年五輪の南北共同開催を招致するため協力するとうたっている。閣議決定した計画案は南北首脳が合意した五輪の南北共同招致と共催を支障なく準備するためのもの。これに向けた基本的方向性と計画を確定し、関連措置を速やかに施行することを盛り込んでいる。

 そのほか、検察の捜査部署を縮小・調整するための規定改正案や国立大学の設置に関する法令改正案などを閣議決定した。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。