Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(1月22日)

記事一覧 2020.01.22 10:00

◇ホルムズ海峡への軍独自派遣を歓迎 米国務省

 米国務省の関係者は21日(米東部時間)、韓国政府がイラン近海・ホルムズ海峡への海軍部隊の独自派遣を決定したことについて、韓米同盟の力を立証するものだとして歓迎の意を表した。米国はホルムズ海峡の安定のために各国の貢献を求めてきたことから、韓国が米国主導の有志連合には参加せずとも事実上の独自派遣を決定したことに対して歓迎と感謝の意を示したものと受け止められる。

韓国政府はホルムズ海峡への軍派遣を巡り、アデン湾に派遣されている韓国海軍部隊の活動範囲を同海峡一帯に拡大する形での「独自派遣」を選択した(コラージュ)=(聯合ニュース)

◇北朝鮮「核実験中止の約束に縛られる理由ない」

 北朝鮮は21日(現地時間)、昨年末と設定した非核化交渉の期限を米国が無視したため、北朝鮮もこれ以上核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射を行わないという約束に縛られることはないと明らかにした。国連、AFP、ロイター通信などによると、北朝鮮の在ジュネーブ国際機関代表部のチュ・ヨンチョル参事官はスイス・ジュネーブで開かれた国連軍縮会議で「過去2年間、核・弾道(ミサイル)実験を自制してきた」と強調。「万一米国がわが国への制裁と圧力にこだわるなら、われわれは主権を守るために『新しい道』を模索しなければならない」と語気を強めた。

◇サムスン電子とポスコ 20年以上営業益1兆ウォン達成

 組織開発専門企業の持続成長研究所が企業情報を分析する韓国CXO研究所に依頼して1998年~2018年の大企業の営業利益変動を調査した結果、20年以上売上高10兆ウォン(約9400億円)、営業利益1兆ウォンを連続で達成したのはサムスン電子とポスコのみだったことが分かった。営業利益が1兆ウォンを超える大企業の数は10年以降増加ペースが鈍化しており、大企業は新事業強化に注力すべきだとの指摘が出ている。

◇ロッテ創業者の告別式 ソウル・ロッテコンサートホールで

 19日に死去したロッテグループ創業者の辛格浩(シン・ギョクホ、日本名:重光武雄)氏の告別式が22日午前、ソウル・ロッテワールドモール内のロッテコンサートホールで営まれた。ロッテワールドモールに隣接するロッテワールドタワー(123階建て、高さ555メートル)は韓国で製菓業から出発して最高層ビルを建てた故人の「成功神話」の象徴ともいえる場所で、晩年の住まいでもあった。

◇性別適合手術受けた軍人の除隊可否 きょう決定か

 韓国陸軍は、男性として軍に入隊した後に女性への性別適合(性転換)手術を受けた副士官の除隊可否を決めるための審査を行う。この副士官は手術後に軍の病院で検査を受け、病院側は「心身障害3級」の判定を下した。陸軍関係者は「個人の性別変更とは関係なく、心身障害等級が出たことについて転役(除隊)可否を決めるものだ」と説明した。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。