Go to Contents Go to Navigation

現代・起亜自の19年営業益が約60%増 SUV好調で

記事一覧 2020.01.22 20:04

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車と子会社の起亜自動車の昨年の業績がスポーツタイプ多目的車(SUV)の販売好調やウォン安による為替効果などが後押しし、予想を大きく上回ったことが22日、分かった。

起亜自動車のSUV「テルライド」(起亜自動車提供)=(聯合ニュース)

 現代・起亜の昨年の売上額は約164兆ウォン(約15兆4800億円)、本業のもうけを示す営業利益は約5兆7000億ウォンで前年比59%増加した。

 現代の昨年の営業利益は3兆6847億ウォンで前年比52%増加した。営業利益率は1ポイント上昇の3.5%だった。売上額は105兆7904億ウォンで前年比9.3%増、純利益は3兆2648億ウォンで約2倍になった。

 完成車の販売台数は442万5528台(国内74万1842台、海外368万3686台)で3.6%減少した。国内では2.9%増加したが海外は4.8%減った。

 現代の関係者はSUVや高級車など収益の高いモデルの拡大や、インセンティブの縮小など根本的体質改善が行われたことに加え、為替差益などによって利益が大きく増加したと説明した。

 現代は大型SUVの「パリセード」が昨年国内で5万台以上、米国で約2万9000台売れ、小型SUVの「コナ」も人気で、SUVの割合が40%を超えた。

 同関係者は「新モデルとSUVの販売拡大、原価改革の強化、地域別の物量・損益最適化戦略を通じて今年は営業利益率5%を達成する」と話した。

 現代は今年の販売目標を国内市場73万2000台、海外市場384万4000台と設定した。

 起亜は昨年の営業利益が2兆97億ウォンで前年比73.6%増加した。営業利益率は3.5%で1.4ポイント上昇した。売上額は58兆1460億ウォンで7.3%増加、純利益は1兆8267億ウォンで58%増加した。

 昨年の年間販売台数は277万2076台(国内52万205台、海外225万1871台)で1.4%減少した。国内は2.2%、海外は1.3%減少した。

 起亜は大型SUVのシェア争いが激しい米国で、「テルライド」が約6万台売れたことが影響したと説明した。

 起亜は今年の販売目標を昨年より4.9%多い296万台に設定した。国内は昨年と同程度の52万台、海外は6%多い244万台とした。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。