Go to Contents Go to Navigation

ホルムズ海峡派遣部隊 「発生可能な状況での作戦遂行準備」=韓国

記事一覧 2020.01.23 14:19

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官は23日の定例会見で、ソマリア沖のアデン湾に派遣している海軍「清海部隊」の活動範囲がホルムズ海峡にまで拡大されたことについて「全ての発生可能な状況に対する作戦を遂行する準備ができている」と述べた。

韓国海軍「清海部隊」を乗せた駆逐艦「王建」(海軍作戦司令部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 軍が常にどのような状況にも備えることができるよう最善の態勢を整えているとした上で「すでに下された作戦指針がある」と明らかにした。

 韓国政府は21日、自国の国民と船舶の安全確保のため、清海部隊の活動範囲を広げる形でホルムズ海峡周辺に同部隊を派遣する方針を発表した。

 活動範囲が拡大された清海部隊が海賊でなくイラン正規軍を相手にする可能性が生じたが、軍が新たな作戦指針を下さなかったとの報道が出たことについて、崔報道官は「どのような作戦指針を下したかは明らかにしない」と説明した。

 その上で、「清海部隊はわが国の船舶の護送、国民の安全のために派遣され、派遣時には将兵の安全を十分考慮し対策を設けている」と強調した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。