Go to Contents Go to Navigation

19年の1人当たりGDPがマイナス 3万ドル台は維持=韓国

経済 2020.01.27 11:23

【ソウル聯合ニュース】2019年の韓国経済が10年ぶりの低成長にとどまったことから、同年の1人当たり国内総生産(GDP)は3万1791ドル(約347万円)と、4年ぶりに減少する見通しだ。3万ドル台はかろうじて維持することになる。企画財政部や韓国銀行(中央銀行)、統計庁のデータを基に聯合ニュースが27日までに算出した。

2019年の1人当たりGDPは4年ぶりに減少するとみられるが、20年の経済成長が政府の見通し通りなら1人当たりGDPは増加が予想される(イラスト)=(聯合ニュース)

 政府は先月発表した「2020年経済政策方向」で、19年の名目GDP成長率を1.2%と予想した。同年の1人当たりGDPは前年比1555ドル減の3万1791ドルと推算される。

 1人当たりGDPは、3万ドルを目前にした14年の2万9242ドルから15年に2万8742ドルに減ったが、16年は再び増加に転じ2万9287ドル、17年には3万1605ドルと初の3万ドルを記録した。18年は3万3346ドルに拡大した。

 しかし、19年は半導体と建設の市況悪化に加え、米中貿易摩擦の激化などによる世界経済の減速に伴い輸出が低迷。実質GDP成長率は2.0%で、09年(0.8%)以来10年ぶりの低水準となった。1人当たりGDPは15年(519ドル減)以来4年ぶりのマイナスに転落した。

 政府は先月時点で20年の名目GDP成長率を3.4%と見込んでいる。達成できれば1人当たりGDPは3万2827ドルで、前年比1036ドル増加することになる。

mgk1202@yna.co.kr

最新ニュース 経済
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。