Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮当局が新型肺炎の緊急対策 感染防止に総力=党機関紙

記事一覧 2020.01.28 09:08

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は28日、中国・湖北省武漢市で発生して感染が急拡大している新型コロナウイルスによる肺炎について「保健部門で予防対策を徹底するための緊急措置が取られている」と伝えた。

北朝鮮の朝鮮中央テレビが27日、特別番組で感染の予防法を詳しく伝えた=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 労働新聞によると、保健省の職員が各地域に派遣され、治療・予防機関向けの資料の作成と配布も進んでいる。また、各地の家庭を担当する医師が発熱していたり肺炎の治療が十分でなかったりする住民を往診し、新型コロナウイルスによる肺炎が疑われる場合には防疫機関と連携して隔離するなどの措置を取っているという。

 同紙は「保健部門が献身的に努力し、絶対にわが国に入れないようにするための徹底した防疫対策が立てられている」とも伝えた。この部分からすると、北朝鮮ではまだ患者が発生していないとみられる。

 労働新聞は別の記事でも、中国の国家衛生健康委員会が発表した患者数や死者数を詳しく紹介し、カナダやロシアなどでも感染が疑われる患者がいるとした。韓国に関しても新たな患者が確認されたことを伝えた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。