Go to Contents Go to Navigation

収賄罪などで在宅起訴のチョ前法相 事実上の初公判が延期に=韓国

記事一覧 2020.01.28 11:00

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル中央地裁は、先月末に娘の奨学金に絡む収賄罪などで在宅起訴されたチョ国(チョ・グク)前法務部長官の事実上の初公判となる公判準備手続きの期日を、当初予定していた今月29日から来月12日に延期した。裁判所が28日、明らかにした。

チョ国氏(コラージュ)=(聯合ニュース)

 ソウル中央地検は先月31日、娘の奨学金を賄賂として受け取り、妻と共謀して息子と娘の不正入学に関与し、公職者の直接投資を禁じる公職者倫理法に違反したなどとして、チョ被告を収賄、不正請託禁止法・公職者倫理法違反、業務妨害、偽造公文書行使など計11の罪で在宅起訴した。

 この件の公判準備手続きを延期したのは、チョ被告が今月半ばに別件で追起訴されたことと関係があるようだ。

 ソウル東部地検は今月17日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に近いとされる柳在洙(ユ・ジェス)釜山市前副市長に対する監察打ち切り問題に絡み、チョ被告を職権乱用の罪で追起訴した。当時、高官らの不正を調べる立場の青瓦台(大統領府)民情首席秘書官を務めていたチョ被告が、柳氏に対する監察の過程で重大な不正の疑いを確認しながらも違法に監察中断を指示したと検察は主張している。

 この2件の審理は、いずれもソウル中央地裁の刑事合議21部に割り振られている。法曹界には、2件を併合して審理するかどうかを検討するため、地裁が公判準備手続きを延期したとの見方もある。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。