Go to Contents Go to Navigation

文大統領「2次感染を最大限防ぐ措置を」 新型肺炎受け病院訪問

記事一覧 2020.01.28 15:52

【ソウル聯合ニュース】韓国で新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大への懸念が高まる中、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日、ソウルの国立中央医療院を訪れ、現場の状況を点検するとともに総力を挙げて対応に当たる姿勢を強調した。

マスクを着用して国立中央医療院を視察する文大統領(青瓦台提供)=28日、ソウル(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同院では、これまでに国内で感染が確認された4人のうち、2人目の患者が治療を受けている。文大統領はこの患者が入院している隔離病棟も訪問した。

 青瓦台(大統領府)によると、文大統領は現時点での対応状況について報告を受けた上で、「政府はやりすぎだと言われるくらい、強力かつ迅速に先回りした措置を取る必要がある。(感染が疑われる)症状がなく空港を通過した人々に対する全数調査、症状が確認された人々の隔離診療を行い、2次感染を最大限防ぐ措置を取るべきだ」と指示したという。

 文大統領は、27日までの旧正月連休が明けて最初に同院を訪れた。新型肺炎に対する政府の積極的な対応姿勢を強調するとともに、医療従事者らを激励する狙いがあったとみられる。

 文大統領は27日、青瓦台で開かれた首席秘書官級らとの対策会議で、「(新型肺炎の)拡大防止に総力を傾け、素早く対処し、必要な全ての措置を講じてほしい」と指示。政府レベルでの総力を挙げた対応に向けて必要であれば軍の医療関係者や施設を活用することや、新型肺炎が経済に与える影響を注視し徹底的な点検を行うことも指示した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。