Go to Contents Go to Navigation

新型肺炎感染防止は「国の存亡に関する重大問題」 北朝鮮紙

記事一覧 2020.01.29 10:07

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は29日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染防止を「国家の存亡に関する重大な政治的問題とみなし、政治事業を強化すべきだ」と強調した。

北朝鮮の朝鮮中央テレビは27日、新型肺炎の特別番組で感染状況や予防法を詳しく伝えた=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 また、党に対し、防疫機関などが行う診断や治療薬の開発に向けた研究などが成果を挙げられるよう積極的な支援を求めた。

 その上で、北朝鮮への感染拡大を防ぐための事業に住民らを積極的に参加させるよう促した。

 同新聞は別の記事では「中国の保健機関は特別な症状がない潜伏期間にもウイルスが感染すると明らかにした」として、「新型コロナウイルスの発生地である武漢市が封鎖される前までに500万人が市を離れたことが確認され、国際社会の憂慮が高まっている」と伝えた。

 同新聞は連日のように中国当局が発表する新型肺炎の感染者数と死亡者数を報じ、カンボジアやドイツ、米国など世界各国の感染状況なども紹介している。

 北朝鮮は中国人観光客の入国を禁止しており、中国から入るすべての外国人に対しては1カ月間の隔離と医療観察措置の義務化を決めるなど、新型ウイルスの流入阻止に総力を挙げている。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。