Go to Contents Go to Navigation

武漢へのチャーター機運航時間が変更 今晩出発か=韓国

記事一覧 2020.01.30 08:55

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスによる肺炎が発生した中国・湖北省武漢市に滞在する韓国人を帰国させるために韓国政府が派遣するチャーター機の出発がややずれ込み、30日夜になる見通しだ。また、予定していた2機ではなく、1機に減る可能性もある。

29日に韓国・仁川空港で整備中のチャーター機=(聯合ニュース)

 政府は30、31の両日にチャーター機2機ずつを武漢に派遣し、約700人の韓国人を退避させる計画だった。

 これに関し韓国外交部当局者は30日、日程に変更が生じたと明らかにしながら、「変更後のスケジュール通りに国民ができるだけ早期に帰国できるよう、中国政府と協議している」と説明した。午前10時と正午に韓国の仁川空港から各1機のチャーター機を派遣予定だったが、この当局者は「今晩出発する可能性が高い」と述べた。

 また、政府はチャーター機を2機ではなく、1機に減らす方向で計画を見直しているようだ。座席の間隔を取らずに詰めて座れば、1機で問題ないと判断したとされる。

チャーター機の運航スケジュールが変更される=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。