Go to Contents Go to Navigation

開城・南北連絡事務所の運営休止 新型肺炎終息まで=韓国当局

北朝鮮 2020.01.30 11:23

【ソウル聯合ニュース】中国・湖北省武漢市を中心に発生した新型コロナウイルスによる肺炎の拡大を受け、韓国と北朝鮮の当局は30日、防疫措置の一環として南北連絡チャンネルの一つ、北朝鮮・開城の南北共同連絡事務所の運営を一時中止することを決定した。

南北は開城の南北共同連絡事務所の運営を一時中止することを決めた(コラージュ)=(聯合ニュースTV)

 韓国統一部の当局者によると、南北はこの日、連絡代表の協議を開き、ウイルスの脅威が完全に解消されるまで連絡事務所の運営を暫定的に中止することを決めた。

 また、開城に常駐している韓国側の職員については早期の撤収を進める。開城には現在、韓国側から58人(当局者17人、支援職員41人)が滞在している。

 統一部の当局者は「南側の人員が早期に復帰(撤収)するため、今後南北はソウルと平壌間に電話とファクスを開設し、南北連絡事務所の連絡業務を維持することを決めた」と説明した。

ynhrm@yna.co.kr

最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。