Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 国境地帯で貨物検疫を強化=新型肺炎予防

北朝鮮 2020.01.31 09:04

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は31日、北朝鮮当局が新型コロナウイルスの流入を防ぐため、「国境に位置する主要地点などで衛生検疫対策を徹底するための作戦と指揮を取っている」と伝えた。外国からの貨物が持ち込まれる空港や鉄道駅などで輸出入品の検査・検疫、外国出張者の検診などの活動を強化している。

北朝鮮の朝鮮中央テレビが30日、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大状況や予防法などを伝えた=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 国家品質監督委員会の幹部や公務員が国境地帯と主要地点に派遣されているという。同委員会の下に置かれた輸出入品検査検疫所は各地の防疫指揮部と、入国者の隔離と観察でも協力している。

 労働新聞は別の記事で、体を鍛えて免疫力を高めることが重要と強調し、高麗人参の加工品の摂取や注射などを勧めた。

 同紙は連日、中国での感染者数と死者数、世界各地での発症状況を伝えている。

mgk1202@yna.co.kr

最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。