Go to Contents Go to Navigation

新型肺炎 韓国で7人目の感染確認=20代の韓国人男性

記事一覧 2020.01.31 10:36

【ソウル聯合ニュース】中国・湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について、韓国の中央防疫対策本部は31日、新たに1人の感染を確認したと発表した。20日に最初の感染者が発生してから、国内で確認された患者は計7人に増えた。

韓国で新型コロナウイルスの感染が確認された患者は計7人になった(資料写真)=(聯合ニュース)

 7人目の患者は20代の韓国人男性で、武漢から青島を経て23日夜に仁川空港から入国した。

 26日に少しせきが出た後、28日に風邪気味となり、29日からは37.7度の発熱やせき、たんなどの症状が出たため保健所に申告。検査の結果、30日夜に感染が確認され、指定の病院に隔離された。

 これに先立ち、国内で感染が確認された6人が隔離された上で治療を受けている。最初の患者を除いて全員が韓国人だ。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。