Go to Contents Go to Navigation

ソウルの映画館1店舗が一時休業 新型肺炎患者が利用

記事一覧 2020.01.31 11:29

【ソウル聯合ニュース】中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎への感染が確認された男性が利用したとされる複合映画館(シネコン)「CGV誠信女大入口店」(ソウル市城北区)が、日曜日の2月2日まで営業を中止する。CGVが31日、伝えた。同店は30日夜から休業に入った。 

CGV誠信女大入口店には休業を伝える案内が出されている=31日、ソウル(聯合ニュース)

 CGVの関係者は「30日に区役所から患者が(同店を)訪れたという連絡を受け、独自に防疫作業を行い、追加で保健所による防疫も実施した。週末も防疫作業を行い、来週営業を再開する予定だ」と説明した。CGV誠信女大入口店は現在、映画のチケット予約ができなくなっている。

 この男性は30代の韓国人で、国内で新型肺炎への感染が確認された5人目の患者。武漢に出張して24日に帰国し、保健当局の調査で30日に感染が判明した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。