Go to Contents Go to Navigation

武漢からソウル訪れた外国人 65人が所在不明

記事一覧 2020.02.03 12:01

【ソウル聯合ニュース】ソウル市は3日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染が最も深刻な中国・湖北省武漢市から1月13~25日にソウルを訪れた外国人は205人で、このうち出国したかどうか確認されておらず、連絡もつかない人が65人いることを明らかにした。

マスクをつけて観光する外国人客(資料写真)=(聯合ニュース)

 市は1月31日に疾病管理本部から205人の名簿を受け取った。185人が中国人だった。市は名簿を市内各区と共有し、外国人が入国時に記載した滞在先住所を訪ねて所在を確認した。

 その結果、39人が出国したことが分かった。101人は能動的な監視が可能な状態。2月2日時点で所在不明の65人については、外交部と法務部、出入国管理事務所と連携して出国したかどうかの確認を続ける一方、ソウル地方警察庁と協力して行方を捜している。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。