Go to Contents Go to Navigation

新型肺炎の2人目感染者が回復 退院検討中=韓国当局

記事一覧 2020.02.03 16:15

【ソウル聯合ニュース】韓国の鄭銀敬(チョン・ウンギョン)疾病管理本部長は3日、国内で2人目に新型コロナウイルスへの感染が確認された50代の韓国人男性について、肺炎の症状が回復し、ウイルスの検査結果も「陰性」と確認されたとして、退院を検討中だと明らかにした。

患者が入院している病院に防護服を着た関係者が出入りしている=3日、ソウル(聯合ニュース)

患者が入院している病院に防護服を着た関係者が出入りしている=3日、ソウル(聯合ニュース)

 保健当局は感染が確認された患者に対して定期的に検査を行い、体内にウイルスが残っているかどうかを確認している。

 24時間間隔で2回行われた検査でいずれも陰性と確認されれば患者を隔離解除できるが、退院させるかどうかは医療陣が患者の健康状態などさまざまな状況を考慮して判断する。

 鄭本部長は2人目の患者について「専門家の事例検討を通じて退院の可否と日程を決める予定だ」と説明した。

 この患者は中国・武漢で勤務し、先月22日に韓国に戻った。入国時の検疫で監視対象者に分類され、保健当局のモニタリングを受けていたが、同月24日に感染が確認され、指定の病院に隔離されて入院治療を受けていた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。