Go to Contents Go to Navigation

韓国完成車5社の1月販売 前年比6.0%減少

記事一覧 2020.02.03 18:45

【ソウル聯合ニュース】3日に発表された現代自動車、起亜自動車、韓国GM、ルノーサムスン自動車、双竜自動車の韓国完成車メーカー5社による1月の国内・海外販売台数は計55万3558台で、前年同月比6.0%減少した。

昨年11月に新モデルが発売された起亜の中型セダン「K5」(資料写真)=(聯合ニュース)

 旧正月(今年は1月25日)連休で営業日数が減ったことや、世界経済の減速の影響とみられる。

 国内販売は同15.2%減の9万9602台、海外販売は同3.7%減の45万3956台だった。

 メーカー別にみると、起亜が唯一小幅増加し、残り4社は減少した。

 起亜は21万5112台で同2.5%増加した。国内は3万7050台で2.5%減ったものの、海外は17万8062台で3.6%増えた。

 特に昨年11月に新モデルが発売された中型セダン「K5」は国内販売台数が8048台を記録し、49カ月ぶりに月別の最大販売台数の記録を更新するなど、販売増を後押しした。

 現代は30万4076台で前年同月比3.6%減少した。国内は4万7591台で21.3%減少したものの、海外は25万6485台を記録し、0.6%増加した。 

 現代の高級車ブランド「ジェネシス」は3000台で同43.1%減少したものの、先月15日にジェネシスから初めて発売されたスポーツタイプ多目的車(SUV)の「GV80」の累積契約が2万台に迫り、今年の目標である2万4000台を達成する可能性が高まった。

 1月の国内シェアは現代が40.5%、起亜が31.5%で、両社で82.0%を占めた。

 韓国GMは2万484台前年同月比47.1%減少した。国内は5101台で0.9%増えたが、海外は1万5383台で54.3%減少した。

 ルノーサムスンは6233台で同54.5%減った。国内は16.8%減の4303台、海外は77.3%減の1930台だった。

 双竜は7653台で同33.0%減少した。国内は36.8%減の5557台、海外は20.4%減の2096台だった。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。