Go to Contents Go to Navigation

新型肺炎 2人目感染者は今週中に退院可能=韓国国立中央医療院

記事一覧 2020.02.04 11:19

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスによる肺炎が拡大している問題で、韓国国立中央医療院の鄭基賢(チョン・ギヒョン)院長は4日、聯合ニュースに対し、同院に入院している国内2人目の感染者が「すでに完治した」として「今週中に退院できる」と述べた。

国立中央医療院の出入り口が閉鎖されている=3日、ソウル(聯合ニュース)

 疾病管理本部は3日、この感染者の退院を検討していると明らかにしていた。新型コロナウイルスの検査で陰性の結果が出たという。ウイルス検査を24時間間隔で2回行い、2回とも陰性であれば医師の判断で退院できる。

 鄭氏によると、この感染者の治療にはさまざまな方法が使用され、どの治療法が有効だったかは断言できないという。ただ、エイズウイルス(HIV)の治療薬は使われたという。鄭氏は「HIV治療薬が(新型コロナウイルスに)有効かどうかについてはまだ根拠がない」として、「治療法は病院によって異なる」と述べた。

 この感染者は中国・武漢で勤務し、先月22日に帰国した55歳の韓国人男性だ。同24日に感染が確認され、国立中央医療院に隔離された。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。