Go to Contents Go to Navigation

新型肺炎 16人目の感染者確認=韓国当局

記事一覧 2020.02.04 11:49

【ソウル聯合ニュース】中国・湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について、韓国政府の中央対策本部は4日、国内16人目の感染者が確認されたと発表した。同感染者はタイを旅行後、先月19日に帰国した42歳の韓国人女性という。

会見を行う中央対策本部の金剛立(キム・ガンリプ)保健福祉部次官=4日、世宗(聯合ニュース)

 同女性は先月25日に悪寒などの症状が出て治療を受けたが回復せず、今月3日に南西部・全羅南道にある全南大病院に隔離された。新型コロナウイルスの検査の結果、陽性と確認された。

 これまでに韓国で感染が確認された15人は国が指定した医療機関に隔離され、治療を受けている。容体は安定している。2人目の感染者(55歳の韓国人男性)は完治しており、近く退院するという。

 保健当局は2人目の感染者以外にも症状が改善した感染者の退院を検討している。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。