Go to Contents Go to Navigation

新型肺炎「悲壮な覚悟で終息を」 経済対策急ぐべき=文大統領

記事一覧 2020.02.04 11:59

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は4日の閣議で、新型コロナウイルスによる肺炎が拡大している問題について、「緊張を解かず、一瞬の油断も許さないという悲壮な覚悟で新型コロナウイルスの終息に向けて取り組む」と述べた。

閣議で発言する文大統領(左から2人目)=4日、ソウル(聯合ニュース)

 また、「事態が長期化する最悪の状況に備え、経済が受ける衝撃と被害を最小限に抑えなければならない」として、「多方面で対応策づくりを急ぐべきだ」と強調した。

 その上で、「経済は心理だ。実際より誇張された恐怖と不安は経済をさらに困難にする」と指摘。「偽ニュースを防ぎ、感染症情報を迅速かつ正確に提供しなければならない」とし、「国民が不安がらないよう政府が本来の役割を果たすことが経済にも直結することを肝に銘じなければならない」と重ねて強調した。

 閣議にはソウル市長をはじめ京畿道、忠清北道、忠清南道の各知事も出席した。文大統領は「感染症の地域社会への拡大を防ぐためには中央政府と自治体の緊密な協力と連携が絶対的に必要だ」として、自治体と政府が協力して対応するよう指示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。