Go to Contents Go to Navigation

1月の日本車販売65%減 不買運動の影響か=韓国

記事一覧 2020.02.05 11:02

【ソウル聯合ニュース】韓国輸入自動車協会によると、1月の日本車の新規登録台数は1320台となり、前年同月比で64.8%減少した。日本の対韓輸出規制強化などを受け、昨年から韓国で広がった日本製品の不買運動が続いた影響とみられる。

レクサスの展示場(資料写真)=(聯合ニュース)

 韓国の輸入車市場全体に日本車が占める割合は7.5%となり、前年同月比で13.1ポイント落ちた。

 ブランド別ではレクサスの新規登録が509台となり前年同月比で66.8%減、トヨタ自動車が420台で同59.9%減、ホンダが同50.5%減、日産自動車が同82.7%減だった。

 1月の輸入車全体の新規登録は1万7640台で、前年同月比で3.1%減った。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。