Go to Contents Go to Navigation

新型肺炎 「地域社会へ拡散の可能性高まる」=韓国政府

記事一覧 2020.02.06 13:33

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は、国内で肺炎を引き起こす新型コロナウイルスへの感染が確認された人が6日までに計23人に増えたことに対し、「地域社会に拡散する可能性が次第に高まっている」として拡散防止へ国民の注意と協力を呼び掛けた。

会見する金剛立次官=6日、世宗(聯合ニュース)

 新型肺炎に関する中央対策本部の副本部長を務める金剛立(キム・ガンリプ)保健福祉部次官は記者会見で、「新型感染症の国内への流入が拡大を続けており、これにより(感染者の)接触者数も増加している」と説明。こうしたなか、特に地方自治体の防疫対応体制を一段と強化する方策を講じている最中だと強調した。

 金氏はあわせて、マスクの需給が不安定になっていることを国民が懸念しているとし、政府が物価安定法の条項にのっとった緊急需給調整措置を発動したことを明らかにした。 

 政府は緊急需給調整措置に基づき、需要が急増しているマスクと手指消毒剤の生産業者、卸売業者に出荷・販売時の当局への届け出を義務付ける。全ての生産業者は生産量と国内出荷量、輸出量を毎日申告し、卸売業者は一定数以上の販売時に購入者、単価、数量などを即座に届け出る必要がある。

 政府は5日から、インターネット通販事業者などがマスクの買い占めや売り惜しみで暴利を得ようとする行為を取り締まっている。金氏は、マスクに関する違法行為があれば政府や地方自治体の通報窓口に通報してほしいと国民に呼び掛けた。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。