Go to Contents Go to Navigation

在韓米軍の特殊偵察機 北朝鮮周辺上空を飛行

北朝鮮 2020.02.06 14:40

【ソウル聯合ニュース】民間の航空追跡サイトによると、在韓米軍が運用している特殊偵察機RC12Xが6日、韓国の首都圏と北朝鮮に近い江原道の上空を飛行した。

RC12X(ウィキペディアより)=(聯合ニュース)

 RC12Xは在韓米軍に5機が配備されていたが、昨年に新たに5機が配備されたとの報道があった。同機が位置識別装置を作動させて飛行するのは今年に入って初めて。

 RC12Xはシギント(信号傍受情報)を収集する航空機で、作戦中の部隊に標的の情報をリアルタイムで提供し、作戦の効率性を高める任務を遂行する。

 今回の飛行については、世界に拡大している新型コロナウイルスに関する北朝鮮の動向を監視する目的があったとの見方もある。

kimchiboxs@yna.co.kr

最新ニュース 北朝鮮
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。