Go to Contents Go to Navigation

韓国とオーストラリアの通貨スワップ3年延長 融通枠を拡大 

経済 2020.02.06 15:34

【世宗聯合ニュース】韓国の企画財政部は6日、韓国銀行(中央銀行)とオーストラリア準備銀行(同)が結ぶ韓国ウォンとオーストラリアドルの通貨交換(スワップ)協定について、融通枠を20%増額して2023年2月5日まで3年間延長したと発表した。

韓国とオーストラリアが通貨スワップを延長した(コラージュ)=(聯合ニュース)

 融通枠はこれまでの100億オーストラリアドル(約7430億円)・9兆ウォン(約8380億円)から、120億オーストラリアドル・9兆6000億ウォンに増える。

 通貨スワップは、金融危機時に相手国に自国の通貨を預け、相手国通貨や米ドルを受け取る取り決め。

 オーストラリアは韓国の主要貿易相手国で、自由貿易協定(FTA)を結ぶ両国間の貿易額は19年に285億米ドル(約3兆1320億円)だった。

 政府は、オーストラリアとの通貨スワップ協定の延長、融通枠の拡大により、韓国の金融セーフティーネット(安全網)が強化され、国際金融市場での信頼が増すものと期待を示している。

tnak51@yna.co.kr

最新ニュース 経済
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。