Go to Contents Go to Navigation

新型コロナウイルス検査の要否 きょうから医師が判断=韓国

記事一覧 2020.02.07 08:53

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は7日から、中国渡航歴がなくても新型コロナウイルス感染者が発生した国を訪問後に発熱やせきなど肺炎の症状が出た人について、医師の判断でウイルス検査を受けられるようにした。中国渡航歴がないとの理由で検査対象から外されることを防ぐ狙いだ。

国指定の入院治療病床があるソウル医療院=6日、ソウル(聯合ニュース)

 韓国ではこのところ、日本やタイ、シンガポールなどを訪れて帰国した後、感染が確認される事例が相次いでいる。これらの感染者は中国渡航歴がないとの理由で検査対象になっておらず、感染が確認されるまで地域社会で通常通り生活していた。

 中央防疫対策本部側は、東南アジア訪問後に韓国国内で感染が確認される患者が増えていることへの対策と説明した。一方で、「漠然とした不安から検査を受ける必要はない。医師の判断を信頼してほしい」と呼び掛けた。

 また、検体の遺伝子をPCRと呼ばれる手法で増幅させることで感染有無を6時間で調べられる検査法が、7日から各地の民間病院50カ所に導入される。同検査はこれまで18カ所の保健環境研究院でしか行われていなかった。防疫当局は1日に約2000件の検査が可能になると見込む。

 検査対象の拡大と迅速な検査は感染者数の増加につながると予想される。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。