Go to Contents Go to Navigation

新型肺炎直撃の自動車産業 韓国政府が通関・資金など緊急支援へ

記事一覧 2020.02.07 10:30

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は7日、新型コロナウイルスによる肺炎の対策を話し合う経済関係閣僚会議を開き、中国での感染拡大により部品調達が滞り生産停止に追い込まれている韓国の自動車メーカーと自動車部品メーカーに対する緊急支援策を取りまとめた。   

生産ラインを停止した現代自動車の蔚山工場(資料写真)=(聯合ニュース)

 新型コロナウイルスの拡散を受けて中国の地方政府が春節(旧正月)連休を延長したことで、現地にある韓国自動車部品メーカーの工場は操業を停止している。これに対し韓国政府は、現地の韓国大使館や韓国メーカー、大韓貿易投資振興公社(KOTRA)などを通じて中国の地方政府に早期の操業再開を働きかける計画だ。

 部品の生産が再開されれば、韓国に速やかに供給されるよう物流と通関面で支援する。中国に限らず、ベトナムやカンボジア、フィリピンなどからの部品に対しても通関を迅速化する。

 中国工場の操業再開に時間がかかる場合にも備える。当該部品を代わりに韓国で生産するため、設備投資に要する資金を援助することにした。生産減で売上高が急減して資金繰りが悪化する企業には「経営安定資金」を提供する。

 韓国での部品増産に伴う労働時間の延長を認めるほか、増員が必要な企業の人材確保も手助けする。生産に関連した短期の研究開発(R&D)を支援し、場合によっては研究機関などから人材を派遣する。

 産業通商資源部は「自動車部品需給の不確実性を早期に解消し、自動車生産を正常化する。長期化にも徹底して備える」と強調した。同部は地方自治体や専門支援機関と共に現場の状況を観察する体制を構築し、問題が発生すれば速やかに対応する方針だ。

 一方、政府の支援に賛同し、自動車最大手の現代自動車は下請けの中小部品メーカーに1兆ウォン(約920億円)の緊急支援を行うことにした。 

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。