Go to Contents Go to Navigation

南北間の軍通信線・艦艇ホットラインは「正常稼働」=韓国国防部

北朝鮮 2020.02.07 13:44

【ソウル聯合ニュース】韓国と北朝鮮の当局間接触は中断状態にあるものの、軍通信線と艦艇ホットラインは正常に稼働している。

軍通信線=(聯合ニュースTV)

 韓国国防部の崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官は7日の定例会見で、「南北の軍事当局は(朝鮮半島東側の)東海、(西側の)黄海の軍通信線を利用し、毎日午前9時と午後4時の2回、定期的な通話を正常に行っている」と述べ、必要に応じた随時の通話も円滑に行われていると説明した。

 また、黄海の南北艦艇間のホットラインは正常に稼働しているとしたほか、第三国の違法操業船舶に関する情報交換も問題なく行われていると伝えた。

 国連軍司令部が南北軍事境界線のある板門店で北朝鮮軍と連絡を取り合う直通電話についても、崔氏は2018年7月の運用再開以降、毎日2回の通話が実施されていると説明した。

 国連軍司令部は6日、フェイスブックでピンク色の直通電話の写真を公開した。同司令部は、この電話で北朝鮮軍と毎日2回、通信点検を行っているとして、昨年は計130件の通知文をやり取りしたと明らかにした。

国連軍司令部が公開した直通電話(同司令部のフェイスブックより)=(聯合ニュース)

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。