Go to Contents Go to Navigation

米コネチカット州に「平和の少女像」設置 米国で6体目

記事一覧 2020.02.08 08:00

【ソウル聯合ニュース】米北東部、コネチカット州に旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」が設置され、3月1日に除幕式が開かれる。同州にキャンパスを置くエール大の学生による人権団体「STAND」と韓国系団体コネチカット韓人会が8日までに伝えた。

コネチカット韓人会館の前に設置された少女像(韓人会提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 平和の少女像が同州に設置されるのは初めて。米国ではワシントン、ニューヨーク、ロサンゼルス、アトランタ、デトロイトに続き6体目。 

 関係者によると、設置される少女像はエール大で展示された後に撤去されたもので、韓人会館に移すという。

 STANDは昨年5月に大学内に少女像を設置し展示したが、大学側が設置の継続を認めず、移転場所を模索していた。

 韓人会側は「平和の少女像は政治的・理念的な対立とは関係なく、第二次世界大戦で苦痛にあったすべての被害者女性の歴史を伝えるシンボル」とし、「戦争の苦痛の共有や平和・共存をテーマにしたセミナーを開くなど少女像の意味を知らせることにも積極的に取り組む」と話した。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。