Go to Contents Go to Navigation

新型肺炎 韓国で新たに70代女性の感染確認=計25人に

記事一覧 2020.02.09 10:36

【ソウル聯合ニュース】韓国の中央防疫対策本部は9日、新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、新たに1人の感染が確認されたと発表した。 

病院の入り口に置いてある手の消毒剤(資料写真)=(聯合ニュース)

 新たな感染者は70代の韓国人女性。中国・広東省を訪問した息子の家族と同居していた。発熱、せきなどの症状で検査を行い、「陽性」が確認された。

 これで韓国での感染者は計25人となった。このうち2人は退院しており、現在23人が隔離病床で治療を受けている。

 新型コロナウイルスに感染した疑いで、検査を受けている人は計960人となっている。

 防疫当局が検査が必要な対象を拡大したほか、検査可能な機関を増やし、検査を受ける人数は増え続けている。

 中国訪問してから14日以内に発熱または呼吸器症状がある人は検査を受けることができる。また、中国以外でも、新型コロナウイルスの感染が確認された国を訪問した人は医師の判断により検査を実施することが可能だ。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。