Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(2月11日)

◇武漢へのチャーター機第3便 今夜出発

 韓国外交部は11日、新型コロナウイルスによる肺炎が発生した中国・湖北省武漢市から国民らを帰国させるための政府チャーター機の第3便が、同日午後8時45分ごろに仁川国際空港から武漢に向けて出発する予定だと発表した。チャーター機は深夜に武漢に到着すると予想される。帰国するのは武漢の総領事館による調査で搭乗の意思を示した約150人で、武漢市と周辺地域に住む韓国人と中国籍の家族だ。

先月30日に武漢に向け出発したチャーター機の第1便(資料写真)=(聯合ニュース)

◇新型肺炎11人目の感染者が退院 入院10日で

 韓国で11人目に新型コロナウイルスの感染が確認された20代の韓国人男性が、入院から10日で完治し、退院した。この感染者は韓国で初めての3次感染の事例で、2次感染した父親(6人目の感染者)から感染した。父親は武漢市から帰国後に感染が確認された3人目の感染者と一緒に食事をして新型コロナウイルスに感染した。医療関係者らは、11人目の感染者が他の患者に比べ早期に退院できたのは年齢が20代と若く、感染前の健康状態が良好で治療経過も順調だったためと推測している。

◇文大統領に関係官庁が業務報告 雇用政策テーマに

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は11日午後、青瓦台(大統領府)で雇用労働部、環境部、農林畜産食品部から業務報告を受ける。新型コロナウイルスによる肺炎への対応に追われる中でも経済対策をおろそかにできないとの判断から、中断していた各官庁の業務報告を再開することを決めた。各官庁は雇用政策を共通のテーマに中核課題の履行計画を報告する。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。