Go to Contents Go to Navigation

新型肺炎 ソウルの外国人施設で相談受け付け=不法滞在者も可能

記事一覧 2020.02.11 10:03

【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウル市は11日、外国人支援施設の西南圏グローバルセンター(永登浦区大林洞、電話02ー2229ー4900)を新型コロナウイルスによる肺炎に関する外国人の相談・届け出窓口とすることを発表した。

西南圏グローバルセンター(ソウル市提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 同グローバルセンターでは英語、中国語、ベトナム語、フィリピン語、パキスタン語、ネパール語、モンゴル語、ウズベク語の8言語で相談を受け、要請があれば病院に同行して診察の通訳を行う。同所で対応できない日本語、タイ語、アラビア語、ロシア語、インドネシア語の相談は、ソウルグローバルセンター(鍾路区)で受け付ける。

 市は、不法滞在者であっても出入国管理当局に通報されることなく治療を受けられると強調している。公共医療機関の医療関係者は、職務中に出入国管理法に違反した人を見つけても、当局に通報する義務を免除される。

 また、外国人でも新型コロナウイルスに感染した場合は法律に基づき治療費が全額無料となり、隔離されている間の生活費の支援を受けられる。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。