Go to Contents Go to Navigation

日本の現代戯曲を紹介 ソウルで朗読公演=21日から

記事一覧 2020.02.11 14:44

【ソウル聯合ニュース】韓国のソウル文化財団南山芸術センターと韓日演劇交流協議会は11日、今月21~23日にソウルの南山芸術センターで「第9回現代日本戯曲朗読公演」を行うと発表した。

「Das Orchester」の上演風景(南山芸術センター提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 公演では3日間にわたり1日1編、計3編の日本の現代戯曲を朗読で韓国の観客に紹介する。

 初日に披露される作品は劇作家、野木萌葱の「Das Orchester」。芸術と政治の不協和音により危機に陥ったオーケストラの物語で、芸術と政治の衝突について考えさせられる。

 2日目の作品は山本卓卓の「その夜と友達」だ。大学生だった15年前、友達のカミングアウトで疎遠になった3人の姿を通じ、他者への嫌悪とコミュニケーションの難しさを鋭くえぐり出す。

 最後の作品は、2015年に韓国でも上演されたシライケイタの「birth」。振り込め詐欺で一獲千金を狙う人物が、幼い頃に生き別れになった実母に電話をかけることで生まれる葛藤と危機を描く。

 各公演の終了後には、作家と演出家、観客が交流する「観客との対話」が行われる。23日午後5時半からは「韓日演劇交流の未来」をテーマにシンポジウムが開催される。

 公演とシンポジウムは無料だが、入場券が必要。予約は南山芸術センターのホームページ(www.nsac.or.kr)で受け付けている。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。