Go to Contents Go to Navigation

韓国総選挙 在外投票申請者が前回比11%増

政治 2020.02.17 16:58

【ソウル聯合ニュース】4月15日に投開票される韓国国会議員総選挙について、中央選挙管理委員会は17日、この日午前7時時点で、在外選挙人の登録者が2万9924人、国外不在者の申告が14万7175人だったと発表した。

4月15日に投開票される韓国国会議員総選挙の在外投票申請者が前回比10.9%増加した(選管委提供)=(聯合ニュース)

 在外選挙人は海外の永住権者など韓国内に住民登録がない満18歳以上の有権者を、国外不在者は韓国に住民登録がある留学生、駐在員、外交官など満18歳以上の海外滞在者を意味する。在外選挙人登録の申請と国外不在者申告書の提出は2月15日に締め切られた。

 在外選挙人と国外不在者の合計は17万7099人。韓国に居住していない有権者約214万人の8.2%程度で、4年前の前回総選挙より10.9%増えた。

 公館別では日本大使館が9044人で最も多く、ベトナム・ホーチミン総領事館(8635人)、米ロサンゼルス総領事館(8025人)と続いた。

 国別には米国(4万2062人)、日本(2万3158人)、中国(2万797人)の順で、3カ国で全体の48.5%を占めた。

 在外選挙人名簿は26日から来月6日にかけて作成され、閲覧および異議申し立て期間を経て来月16日に確定する。

 選管委は前回よりも申請者数が増えた理由として、総選挙への関心が高まっていることに加え、インターネットで申請ができるようになったことや、投票所が増えたことなど、改善した制度が定着したことを挙げた。  

 選管委は「在外選挙に対する高い関心と参加への熱気が投票日まで続くよう、広報活動をさらに強化する」と話した。

yugiri@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。