Go to Contents Go to Navigation

韓国トンネルで約30台衝突 硝酸積んだタンクローリーから火=3人死亡

社会・文化 2020.02.17 21:23

【南原聯合ニュース】韓国南西部の順天―完州高速道路のトンネル内で17日正午過ぎに硝酸を積んだタンクローリーなど約30台が絡む多重事故が起きた。タンクローリーが燃えてトンネル内に有毒ガスが充満しており、救助・消火活動が続いている。消防・警察当局によると午後8時現在、死者3人、負傷者43人となっている。事故当時、現場周辺は大雪に見舞われており、消防当局は凍結した路面でスリップした車両が相次ぎ衝突したとみている。

トンネル内の事故現場=17日、南原(聯合ニュース)

 トンネル入り口付近で車両数台が接触事故で止まっていたところにタンクローリーが衝突して横転。そこに後続車が相次いで衝突し、火災が発生したもようだ。

 トンネル内には現在、車両7台が残っており、人命被害がさらに増える可能性もある。

 環境当局の関係者は「トンネル内の硝酸漏れは深刻ではないとみられる」と説明している。

韓国南西部の高速道路のトンネル内で多重事故が起きた=(聯合ニュース)

ikasumi@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 社会・文化
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。