Go to Contents Go to Navigation

きょう午後にも羽田へ大統領専用機 クルーズ船から韓国人退避

政治 2020.02.18 08:54

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は新型コロナウイルスの感染が広がるクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から韓国人乗客乗員を退避させるため、早ければ18日午後に大統領専用機(空軍3号機)を羽田空港に派遣する方向で日本政府と協議している。新型コロナウイルス対策にあたる韓国政府の中央対策本部と外交当局が伝えた。横浜港に停泊中の同船には韓国人の乗客9人と乗員5人が乗船しており、希望者を韓国に退避させる予定だ。

大統領専用機の空軍3号機(中央対策本部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 韓国人14人のうち多くが生活の基盤を日本に置いている。外交筋は「まだ気持ちが固まっていない人たちがいる。韓国行きの希望者が全員で何人なのか、具体的には言えない」と述べた。

 ダイヤモンド・プリンセスの乗客乗員は約3700人で、日本政府の17日の発表によると感染者は454人に上る。韓国人14人のうち感染が確認された人はいない。

 韓国政府は希望者を国内に退避させた場合、中国・湖北省武漢市からの帰国者と同様に、臨時施設に14日間隔離する方針だ。

 政府は当初、韓国人を退避させることに消極的だったが、米国などが自国民の退避に動いたことから方向を転じた。希望者がごくわずかとみて、軍輸送機を派遣することも検討していたようだ。

横浜港に停泊中のダイヤモンド・プリンセス号の一室に15日、太極旗(韓国国旗)が掲げられた=(AP=聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。