Go to Contents Go to Navigation

コンビニのマスク売れ行き MERS流行時上回る=韓国

記事一覧 2020.02.18 13:54

【ソウル聯合ニュース】韓国のコンビニエンスストアで、マスクをはじめとする新型コロナウイルス対策の衛生用品の売上高が急増している。2015年の中東呼吸器症候群(MERS)流行時を上回る売れ行きとなったことが18日、分かった。 

マスクの販売コーナー(資料写真)=(聯合ニュース)

 コンビニ大手CUによると、韓国国内で最初の感染者が確認された1月20日から2月16日までの4週間、1店舗当たりのマスクの平均売上高はMERS流行時の4週間に比べ67.6%多かった。

 手指消毒剤の売上高が30.2%、せっけんが21.9%、うがい薬が18.9%、それぞれ増加した。風邪薬や解熱剤などの常備薬も57.2%急増した。

 健康食品・機能性食品の売上高は864.7%の伸びを見せた。 

 また、弁当が32.2%増加したほか、キンパ(韓国のり巻き、65.9%増)やインスタント食品(93.9%増)、総菜類(29.0%増)の売れ行きも伸びた。外出を控え、自宅で簡単に食事をする人が増えたとみられる。

 CUの宅配サービスの利用件数も、直前の1カ月の平均に比べ68.5%増えたという。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。