Go to Contents Go to Navigation

[韓流]BTS音楽プロデューサー 昨年も著作権料1位

記事一覧 2020.02.18 11:54

【ソウル聯合ニュース】韓国音楽著作権協会(KOMCA)は18日、同日夕に開催するKOMCA著作権大賞授賞式で、音楽プロデューサーのPdogg氏(36)が大衆部門の作詞と作曲分野で大賞を受賞すると発表した。同氏は人気グループBTS(防弾少年団)のヒット曲を数多く手掛けてきた。

大衆部門の作詞と作曲分野で著作権大賞を受賞するPdogg(左)と、編曲分野で大賞の歌手兼作曲家、バニラマン(韓国音楽著作権協会提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 KOMCA著作権大賞は、各分野で年間の著作権料が最も多かった音楽家に贈られる。

 Pdogg氏は前年に続き作詞と作曲の両分野で大賞を受賞することで、大衆部門で史上最多受賞に躍り出る。昨年BTSがリリースしたアルバム「MAP OF THE SOUL:PERSONA」では、タイトル曲「Boy With Luv」をはじめとする収録曲の作詞作曲に携わった。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。