Go to Contents Go to Navigation

クルーズ船乗客移送の韓国大統領専用機 金浦空港に到着

記事一覧 2020.02.19 07:37

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの集団感染が発生し、横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」に乗船していた韓国人6人と日本人配偶者1人を韓国に移送するため、韓国政府が派遣した大統領専用機(空軍3号機)が19日午前、羽田空港からソウルの金浦空港に到着した。

金浦空港に到着した大統領専用機=19日、ソウル(聯合ニュース)

 韓国行きを希望した人は5人だったが、2人増えた。 このうち乗客は3人、乗員は4人という。

 金浦空港に到着した7人は仁川に移動し、国立仁川空港検疫所に設けられた陰圧隔離室で、14日間の隔離生活を送ることになる。陰圧隔離室は、気圧を外部より低くすることで室内の空気が外に漏れないように設計されている。

 ダイヤモンド・プリンセスの乗客乗員は約3700人で、日本政府の18日の発表によると感染者は542人に上る。乗船した韓国人14人(乗客9人、乗員5人)のうち感染が確認された人はいない。

 政府は当初、同船の韓国人のうち韓国に縁故のある人は3人しかいないことなどから、国内への移送に消極的だった。だが、米国などが自国民の退避に動いたことから移送する方向に転じ、日本政府と協議を行ってきた。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。