Go to Contents Go to Navigation

サムスン電子 テレビ世界シェア3割超でトップ独走

記事一覧 2020.02.19 08:05

【ソウル聯合ニュース】世界のテレビ市場でサムスン電子が14年連続シェア1位を獲得したことが19日、分かった。 

サムスン電子の8K放送対応の超高画質テレビ「QLEDテレビ」(同社提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 英調査会社のIHSマークイットの調査によると、昨年の世界テレビ市場のシェアは金額ベースでサムスン電子が30.9%を記録しトップだった。

 サムスン電子のシェアは2017年の26.5%から18年には29.0%に上昇し、昨年は30%を超えた。

 2位は韓国のLG電子で16.3%だった。17年の14.6%から18年は16.4%に上昇したものの、昨年は小幅下落した。

 ソニーが9.4%で3位、中国のハイセンスとTCLがそれぞれ6.4%だった。

 販売台数ベースでもサムスン電子は昨年19.8%のシェアを獲得して1位を維持し、LG電子が12.2%で2位。次いでTCL(9.2%)、ハイセンス(7.8%)、中国・小米(シャオミ・5.8%)と続いた。

 中国メーカーが低価格を武器に台数ベースでのシェアを高めているがサムスン電子は台数ベースでも1位を維持している。

 特にサムスン電子が主力製品に位置づけている量子ドット技術を用いた「QLEDテレビ」の売り上げ増が目立つ。昨年は532万3000台を販売し、18年の259万9000台より2倍以上増加した。

 サムスン電子のテレビの販売台数にQLEDテレビが占める割合は18年の6.3%から昨年は12.1%に高まった。

 またサムスン電子は販売価格2500ドル(約27万4000円)以上の高級テレビ市場でもシェア(金額ベース)52.4%を記録し、2位のソニー(24.7%)との差を2倍以上に広げた。

 75インチ以上の超大型テレビ市場では金額ベースで49.6%のシェアを獲得して1位を維持した。ソニーは19.1%で2位、3位のLG電子は17年の13.7%から昨年は18.2%に拡大した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。