Go to Contents Go to Navigation

米偵察機が韓国上空飛行 今月3回目=北朝鮮を監視か

記事一覧 2020.02.19 10:26

【ソウル聯合ニュース】民間の航空追跡サイト「エアクラフト・スポット」によると、米空軍の偵察機E8Cが18日に韓国の上空を飛行した。北朝鮮のミサイル基地や地上設備などを監視する目的だったとみられる。

米空軍の偵察機E8Cが18日に韓国上空を飛行した(イラスト)=(聯合ニュース)

 E8Cの飛行は5日、7日に続き今月に入り3回目。同機は位置を識別できる装置を意図的に作動して飛行した。

 攻撃レーダーシステムなどを搭載したE8Cは、高度8~12キロから北朝鮮軍のミサイル基地、野戦軍の機動、海岸砲と長距離砲の基地といった地上の兵力と兵器の動きを細かく監視できる。滞空時間は9~11時間ほど、航続距離は9270キロに及ぶ。

 韓国軍関係者によると、北朝鮮のミサイル基地で特異な動向はみられず、現在進められている冬季軍事訓練も例年より縮小された。

 軍関係者の間では、北朝鮮が新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、多くの兵力と装備が動員される野外軍事訓練を縮小したとの見方が出ている。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。