Go to Contents Go to Navigation

新型肺炎「防疫の手綱、引き締めるべき」 韓国首相

記事一覧 2020.02.19 10:36

【ソウル聯合ニュース】韓国の丁世均(チョン・セギュン)首相は19日、政府ソウル庁舎で新型コロナウイルスへの対応に関する会議を開き、「最近の状況は再び防疫の手綱を引き締めなければならない状況に向かっている」との認識を示した。

会議で発言する丁首相=19日、ソウル(聯合ニュース)

 丁氏は「中国に続いて日本、香港、シンガポールなど周辺国の状況が悪化し、わが国でも感染経路が不明な事例が発生している」と指摘。政府は地域社会への拡散に備えて新型コロナウイルスの検査対象と検査機関を拡大し、医療陣に感染が疑われる患者の診断権限を与えるとした上で、「今後さらに細かく地域社会に防疫網を張り巡らせ、より厳しく防疫態勢を点検する」と強調した。

会議の様子=19日、ソウル(聯合ニュース)

 自治体に対しては、地域社会への拡散に備えて段階別に病床と人員の拡充計画を再点検するよう求め、国民にも政府を信じて感染症予防の心得を守ってほしいと呼び掛けた。

 このほか、関係官庁には迅速に補完対策を講じ、対策が現場ですぐに行われるよう指示し、国会に対しても検疫法、感染症予防法、医療法改正案など防疫体系を強化するための法案を迅速に処理するよう要請した。

ynhrm@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。