Go to Contents Go to Navigation

中国・武漢に韓国総領事が赴任 現地国民の安全確保に尽力

記事一覧 2020.02.20 11:46

【北京聯合ニュース】新型コロナウイルスによる肺炎が最初に発生し、猛威を振るう中国・湖北省武漢に20日、姜承錫(カン・スンソク)韓国総領事が赴任した。

武漢に到着した姜承錫氏(チャイナ・デイリー紙より)=(聯合ニュース)

武漢に到着した姜承錫氏(チャイナ・デイリー紙より)=(聯合ニュース)

 姜氏は、韓国の政府や自治体、企業、民間団体から武漢への支援物資であるマスクや防護服を積んだ貨物機に乗って現地入りした。4人の領事とともに、武漢と周辺地域に残っているとみられる100人ほどの韓国人の安全確保に尽力する予定だ。

 姜氏は現地メディアの取材に、「非常に大変な時期に韓国政府が私を武漢に派遣したことは、とても意味のあること」とし、「どんな状況であっても韓中関係を維持する」と述べた。

 駐武漢総領事のポストは昨年11月から空席だった。

武漢に到着した姜承錫氏(ニュースサイト・環球網より)=(聯合ニュース)

武漢に到着した姜承錫氏(ニュースサイト・環球網より)=(聯合ニュース)

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。