Go to Contents Go to Navigation

韓国政府「市中感染始まる段階」 新型コロナウイルス

記事一覧 2020.02.20 11:58

【ソウル聯合ニュース】肺炎を引き起こす新型コロナウイルスに関する韓国政府の中央対策本部の副本部長を務める金剛立(キム・ガンリプ)保健福祉部次官は20日の会見で、ウイルスの市中感染が始まる段階にあるとの認識を示した。

会見する金剛立氏=20日、世宗(聯合ニュース)

 金氏は、感染の原因と経路の把握が難しいケースがソウルや南東部・大邱などで発生しているとし、これまで海外から流入していた新型コロナウイルスが一定の範囲内で市中感染として広がり始めた段階だと説明した。

 こうした状況を受け、政府は防疫対応システムを見直しているとし、今は市中感染が同時に始まっている初期段階と判断されるため、検疫を中心とした海外からの流入遮断と早期発見努力は継続する計画だと伝えた。

 政府は、感染者が多数発生している大邱市で専用の診療所と公衆保健医を増やす方針だ。

 新型コロナウイルスを巡り、中央防疫対策本部は19日の午後4時から20日午前9時までに新たに31人の感染が確認されたと発表した。韓国での感染者数は計82人。

 大邱・慶尚北道で、感染した女性が通っていた宗教施設を中心に感染者が爆発的に増えており、感染経路の分からない感染者も全国で少なくとも12人を数える。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。