Go to Contents Go to Navigation

輸出管理巡る韓日政策対話 3月10日にソウルで=3カ月ぶり

記事一覧 2020.02.21 17:45

【ソウル聯合ニュース】日本の対韓輸出規制問題について協議する第8回韓日輸出管理政策対話が3月10日にソウルで開かれる。21日にソウルで開かれた韓国産業通商資源部と日本の経済産業省による局長級の準備会合で決まった。

前回の政策対話の様子(産業通商資源部提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫

 前回は昨年12月16日に東京で開かれた。

 双方の首席代表は前回と同じく、韓国は産業通商資源部の李浩鉉(イ・ホヒョン)貿易政策官が、日本は経済産業省の飯田陽一貿易管理部長が務める。

 両国政府は「輸出管理の運営に関する追加的な改善状況を共有することを含め、懸案解決に寄与するための議論をする」と説明した。

 日本政府は昨年7月に半導体・ディスプレー材料であるフッ化水素、フッ化ポリイミド、レジスト(感光材、フォトレジスト)の3品目の韓国への輸出規制を強化し、8月には輸出管理の優遇対象国「グループA(旧ホワイト国)」から韓国を除外した。

 韓国政府は日本を世界貿易機関(WTO)に提訴し、日本が維持を求めていた韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了も決めた。ところがGSOMIAの期限が切れる直前に、対話の場を設けることで合意し、終了延期を発表した。

 これを受け、約3年半ぶりに開かれた前回の政策対話では、10時間以上にわたり会議が行われたものの、明確な結論を出すには至らなかった。

 産業通商部は前回の対話終了後に発表文を出し、「両国は輸出管理制度・運用について専門的観点から相互の理解を促進することができた」として、「現下の国際的な安全保障環境にかんがみ、今後ともそれぞれの責任と裁量の下に、実効的な輸出管理を推進することが必要であるとの認識を共有した」と説明した。

 また、「両国の輸出管理制度・運用についてのさまざまな改善状況をアップデートすることを含め、今後も懸案の解決に資するべく、輸出管理政策対話と意思疎通を継続していくことに合意した」と明らかにした。

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。