Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮 恒例の国際マラソン大会を中止に=新型肺炎流入防止で

記事一覧 2020.02.21 19:17

【ソウル聯合ニュース】新型コロナウイルスの流入を防ぐため、先月から国境を封鎖している北朝鮮が毎年4月に開催する「平壌国際マラソン大会」を中止にしたことが21日、分かった。

昨年開かれた平壌国際マラソン大会の様子=(朝鮮中央通信=聯合ニュース)

 中国・北京にある北朝鮮専門旅行会社「高麗ツアー」などは21日までに、自社ホームページで「北朝鮮内の協力者から平壌国際マラソン大会が中止になったという連絡を受けた」と伝えた。中止の理由については、「新型コロナウイルス感染を防ぐための国境封鎖の一環」と説明した。

 同マラソン大会は故金日成(キム・イルソン)主席の生誕記念日である4月15日の「太陽節」を記念して毎年4月に開催され、2014年からは外国人の参加も認められている。今年は4月12日に開催される予定だった。

 昨年の大会には前年より約2倍多い、1000人余りの外国人が参加したとされる。

 今年は中国や韓国など隣接した地域で新型コロナウイルスの感染が拡大していることから、大会を開催して多くの外国人が入国することを懸念したものとみられる。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。