Go to Contents Go to Navigation

新型肺炎 韓国で2人目の死者=集団感染の病院に入院

社会・文化 2020.02.21 21:44

【清道、釜山聯合ニュース】韓国で21日午後、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスに感染した50代の女性が死亡した。韓国での死者は2人目。

慶尚北道清道郡の病院から移送される患者=21日、清道(聯合ニュース)

 この女性は集団感染が発生した南東部・慶尚北道清道郡の病院に入院していた。この日、感染が確認され、釜山市の釜山大病院に移送されたが、午後5時ごろに死亡した。

 清道郡の同病院では国内初の死者が出ている。この病院での感染者は死亡した2人を含め計17人となった。現在も検査が行われており、感染者がさらに増える見通しだ。

 同病院では19日未明に長期入院していた60代の男性が死亡した。肺炎の症状があったため、死亡後に検査を行った結果、20日に感染が確認された。

ikasumi@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。